小学6年生の思い出

22歳大学生の男です。

私の冬の思い出は小学6年生の頃に勉強したことです。

家の一階にあるこたつで泣きながら算数の食塩水の割合の問題を母から教わっていました。

当時は算数がとても好きというわけではなかったのですが、他の友達が遊ぶ中自分は絶対に勉強で勝ってやるという強い気持ちがありました。

それは全ての習い事をやめ塾に通い、遊ぶ時間を削って勉強していたからです。

未知のことを知るのは楽しく、比較的理解が早い方であると思っていたのですが算数の割合問題については本当にわからなく、わからないままでいる自分が嫌で親に頼み教えてもらっていたのです。

ここで諦めて今まで勉強にかけてきた時間を無駄にしたくないという強い気持ちがあったものの、どれだけ時間をかけても理解できずとても苦しんだのを覚えています。

「どうしようもなく乾燥肌が重篤化してしまった」という人は…。
酷い疲れ目のせい

関連記事一覧

糖分につきましては…。

乾燥肌につきましては、肌年齢が高く見えてしまう要因の最たるものだと言っても良いと思います。保湿効果の高い化粧水を愛用して肌の乾燥を阻止した方...

最新商品 評価のまとめ

正直、はじめは半信半疑でエクササイズに取り組み始めましたが、すぐに「あぁ、この教材に出会えて良かった」と思うようになりました。 (堀健也様)...

理想の結婚生活を22~39歳の社会人男性に聞いた

せっかく女に生まれてきたからには、1度は結婚してみたいですよね。愛する人と家庭を持って、子供を作って、頑張って生きていく。それが当然とは言え...

変身願望からの視点で読み解く楽器買取

安全で快適に暮らせる環境とは、家や部屋の中だけで完結するものではないでしょう。 近所との人間関係も、良好な住環境を作る要素だと思ってください...

気分障害(うつ病、双極性障害)などのまとめ

病気を治すのは医者や薬ではなく、人間の自然治癒力だということを名言は言っています。なかなか病気が治らない人、心が暗くなってしまった病人、治療...